不動産投資に適した物件とはどう言うものか

不動産投資

不動産投資について

不動産投資に適した物件とはどう言うものか

不動産投資で最も頭を悩ませることになるのが物件選びです。物件の良し悪しは素人には判断しづらいです。とは言え、安易に物件を選んでしまってはいけません。不動産投資に適した物件とはどう言うものか、これをしっかり頭に叩き込みましょう。まず、物件の家賃が適正かどうかを調べなくてはいけません。周辺の物件よりも家賃が高く設定されている場合、利回りが高くなるので魅力的に映るでしょう。しかし、購入した後に適正家賃に下がるのはほぼ確実です。期待していた家賃が得られなくなる可能性が高く、ローンとの収支で赤字になってしまうでしょう。なので、家賃が高く設定されているからと言って、すぐに飛びついてはいけません。また、建物のチェックをする場合は、壁や床や水まわりだけしか見ないと言うのではだめです。天井の確認もしっかり行いましょう。天井は雨漏りをしていると、直すのに結構な工事費がかかります。壁や床はそれほどかかりません。